【久しぶりの内閣府】

2/28昼間は、内閣府へ。2012年-2014年の出向当時、同僚だった内閣府のKさん、総務省のIさんとランチの後は、古巣の内閣府男女共同参画局に。久しぶりにお会いした武川局長からは、「民間企業の女性役員登用2020年10%を目指す政策」への東京都での推進への協力を要請頂きました。自分が役立つことがあるなら、何でもご協力したい、と私。
推進課長に昇進していた南さんからは、「ロールモデルとして、皆注目してます!」と過分なお言葉を頂いたので、「失敗しないように気を付けます」とお答えしました。男性がミスしても、本人の資質の問題とされますが、女性がミスすると、「だから女の○○は」と、女性という存在が批判される。まだまだ、いろんなところで、女性の生きづらさが残る日本社会です。