板橋宿、まちづくりのこと

12/16の日曜日の午後は、旧中山道の板橋宿を楽しくしよう!と活動されている大好きな皆さんと、不動通り商店街にある元牛乳屋さんの空き店舗をどうしたいか?
こんなことがしたい!!と集まった方々によるアイデア発表会でした。

「商店街に空き店舗があって、まちが寂しくなっている。どうしよう。」というのは、日本全国どこもが抱えている課題。
東京23区にある板橋も例外ではありません。

小さな変化を一つ一つ、着実に形にしていくことで、線になって面になってまちが変わる。そんな変化を支える当事者の一人として、もっともっと関わっていきたい!と思える素敵な時間でした。

場を提供してくださる持ち主さん、区の景観整備の担当者、地元ミニメディアの主催者さん、商店街の若手リーダーさん、リノベーションで価値をあげることにこだわる不動産屋さん、建築士さん、空き家利活用に貢献したい行政書士さん、収益の一部を地元まちづくりに還元しようと動く地域電力ベンチャーさん、ふらっと通りかかった人、、、、同じ周波数で行動できる仲間同士がつながって、少しずつ力を寄せ合い想いを寄せ合うことが、街が生まれ変わる原動力となります。

せっかくのいい動きが、持続可能な取組みとなるよう、「東大まちづくり大学院」での「身の丈再開発」におけるファイナンスの知見なども提供しつつ、手伝っていきたいと思います。