エネルギー環境政策研究会キックオフ

昨日(3/5)の都議会本会議一般質問に続いて、本日は(3/6)の朝は、予てより準備してきました「エネルギー環境政策研究会」の幹部メンバーによるキックオフを行いました。
エネルギーシフトによる新たな社会づくり、SDGs、ESG投資、パリ協定遵守で、東京2020を契機に国際標準の東京にギアチェンジを目指します。
2003年、地球温暖化対策国民運動、「クールビズキャンペーン」「チームマイナス6%」当時、環境省の地球環境局長で、今は都民ファーストの会政調会事務総長の小島敏郎先生と共に知恵を絞る最前線に立てたことは、至福です。
当時この国民運動を受諾した、前職(株)博報堂にはこの領域の専門家、活動家も多く、新しい発想をどんどん持ち込めそうで、楽しみ(^o^)v
ハードワークですが、精一杯頑張ります!

次の記事

木下ふみこ都政報告会2018