厚生委員会事務事業質疑

11/22(金)は厚生委員会、福祉保健局事業への質疑でした。終了は23:30、この日最も遅くまで開会している委員会でした。私の質疑は以下の通り。
◾️児童虐待防止関連では、
都より移管が決まり、板橋区の児童相談所が平成33年度に新設されるにあたり、しっかりと体制整備に都が取り組むように
○先行して進んでいる3つの区(荒川・世田谷・江戸川)の状況をきちんと情報共有すること
○経験のある児童福祉士や児童心理士の配置が求められることから、予算、人材育成、ケースの共有などの情報共有の徹底、
を要望し、都よりしっかり進めていく旨具体的な回答を得ました。
◾️動物殺処分ゼロ・動物福祉関係では、
○保護動物の譲渡啓発に協力する動物取り扱い事業者と、パピーミルなどから仕入れているよな悪質な事業者とを区別する取り組み
○動物セラピーの観点から、障害者施設や老人福祉施設などでの保護動物の活用を積極的に考えて欲しい
など、踏み込んだ要望をいたしました。
他に、災害時の避難所物資、児童虐待防止に関連したひとり親支援や特定妊婦(望まない妊娠)対策、病児保育の拡充など合わせて、26問の質疑を実施。質疑時間は50分を越える長丁場となりました。
引き続き、12/12(水)の第4定例本会議での私の一般質問に向けての準備に入っております。
余談ですが、、髪が伸びっぱなしだったんで、昨日髪を切り、スッキリしました。これも準備(笑)。