実らせたい3つのこと

政治を「ひとりひとり」に取り戻す。政治を「ひとりひとり」に取り戻す。

政治を、“プロ政治家”のものではなく、ふつうの人ひとりひとりが

関われるものにしたいと考えています。

そのためには、まず徹底した情報公開。東京の闇を正します。広告会社で培ったコミュニケーションのノウハウを駆使して、都政をわかりやすく伝えます。
個人事務所を気軽に集える「オープン・オフィス」として開放したり、区民の皆さん、都民のみなさんと対話の場「いたばな」をつくったりといった試みを通じて、みなさんとともに東京のことを考え抜きます。

女性目線で、東京改革。女性目線で、東京改革。

まず女性をはじめとする多様な人々の気持ちやアイデアを聞き、「旧来型の男性中心の価値観」にとらわれずに自由に、しなやかに発想することで、社会の改革を進めていきたいと思います。

たとえば、…

  • 子育てと介護で女性たちが犠牲にならない仕組みをつくります。
  • 待機児童対策をさらに徹底し、社会参画を望む女性たちを支えます。
  • 子どもたちの教育に投資し、学びの機会平等を徹底します。
  • 尊厳ある人生の最終章を社会で支える仕組みを考えます。
  • 住みやすい、緑豊かな東京を大切にします。
  • 自転車にやさしいまちづくりをすすめます。
  • ペット殺処分ゼロをすすめます。

これまでに見たことのない東京づくり。これまでに見たことのない東京づくり。

まちづくり14年の実績を東京の未来づくりに活かします。
人々が交流するきっかけや仕組みをつくり、交流のなかから知恵やアイデアが生まれ、アクションへとつながっていく。そうした、地方創生における最先端の手法を都政に持ち込み、オリンピックの先の東京をデザインします。
「お隣さんは外国人?」という時代がもう来ています。国際都市東京に向けて、仕組みづくり、意識改革を実践します。

木下ふみこの応援、お待ちしています。03-5976-0965木下ふみこ事務所 ※留守電のため折り返します。

ボランティア・応援はこちら ご連絡お待ちしています。