実らせたい3つのこと

政治を「ひとりひとり」に取り戻す。政治を「ひとりひとり」に取り戻す。

政治を、“プロ政治家”のものではなく、ふつうの人ひとりひとりが

関われるものにしたいと考えています。

そのためには、まず徹底した情報公開。東京の闇を正します。広告会社で培ったコミュニケーションのノウハウを駆使して、都政をわかりやすく伝えます。
区民のみなさん、都民のみなさんと対話の場「いたばな」を開催、個別のご相談や地域の課題を話し合うため毎月1日に行う「ファーストの日」の実施、子ども達や若者への「主権者教育」の推進など、さまざまな試みを通じて、みなさんとともに東京のことを考え抜きます。

女性目線で、東京大改革。女性目線で、東京改革。

女性をはじめとする多様な人々の気持ちやアイデアを聞き、「旧来型の男性中心の価値観」にとらわれずに自由に、しなやかに発想することで、社会の改革を進めていきたいと思います。

たとえば、…

  • 子育てと介護で女性たちが犠牲にならない仕組みをつくります。
  • 待機児童対策をさらに徹底し、社会参画を望む女性たちを支えます。
  • 子どもたちの教育に投資し、学びの機会平等を徹底します。
  • 尊厳ある人生の最終章を社会で支える仕組みを考えます。
  • 住みやすい、緑豊かな東京を大切にします。
  • 自転車にやさしいまちづくりをすすめます。
  • ペット殺処分ゼロを継続し、動物達と幸せに暮らせる東京を前にすすめます。

これまでに見たことのない東京づくり。これまでに見たことのない東京づくり。

全国でのまちづくり14年の実績を東京の未来づくりに活かします。
東京の最大の強みは「人」です。人々が交流するきっかけや仕組みをつくり、交流のなかから知恵やアイデアが生まれ、アクションへとつながっていく。そうした、まちづくりにおける最先端の手法を都政に持ち込み、コロナ禍を超え、誰もが真に輝ける、オリンピックの先の東京をデザインします。

・スマート東京を進めます。

コロナ禍を乗り越え、都市と行政手続きのデジタル化で、都民のみなさんがメリットを実感できる新しい東京を産み出します。デジタル化に取り残される人を出さない対策も徹底します。

・行政改革、都議会改革をさらに前に進めます。

都庁業務改革、都議会改革で、税金の無駄遣いを徹底的になくし、東京の未来につながる投資に
力を入れます。